スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーズ

面白い。さすがディズニー。

まず最初の3分くらいの短編、すばらしい。とにかく言葉を使わず、動き、音楽、絵ですべてを伝えられていることにショックを受けた。チャップリンのトーキーを見ているかのよう。笑いもあれば哀愁もある。とても映画っぽい。ただお金を題材にするのがディズニーっぽくない。

本編、素晴らしい。いつものような展開だけれども、愛ってものがどういうものかを描いたもので全て伝えられたのではないかと思う。

最近はセックスとかを主にした恋愛映画が多い。多すぎて飽きた。エロビデオ見てればいいし。

そんな中で、愛というものを題材にしてやられると新鮮味がある。

自分の中の愛の定義は信頼とか、同姓、異性、両方に共通して得られるものだと思ってるんだけど。



こういうのは自分好きだね。ぜひ見てみてください。

スポンサーサイト

テーマ : カーズ
ジャンル : 映画

MI:3 ミッション・インポッシブル3

すばらしく何もない映画

2時間という時間の否定に近い

1をほのめかすようなシーンが多々

もうこれでこのシリーズは終わりなのではないか

ある意味では芸術品の域に達しているのではないか

アクションとかはなんでもない。なんてのか、ひやひやはする。けれども映画のストーリーは芸術品。完全にお客をなめてるよね(笑)

そういうとこは最高だ

そう、そんなのに食いついてハリウッドを維持しているのは日本くらいなもんで…。それへの皮肉を感じる。すばらしい。

その男、凶暴につき

その男、凶暴につき その男、凶暴につき
ビートたけし (1999/04/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る


北野武監督第一作目

すごい。ただ、今の形はまったく出来上がってない状態。でもなかなかいい。

ちらっとしか見えないがビートたけし扮する警官が犯人を追いかけている途中で歩き出すシーン、あのちょっとあきらめる仕草がすばらしい。人間らしい行動、日本人らしい行動だと思った。

ただ全体的に暗い。大抵北野映画って明るい中にも暗さが見えるような感じの画だけれどこの映画は全体的に暗い。それは寂しい。

でもそんな中にも心を揺さぶられるようなガチンとくるようなシーンが多々ある。

すばらしい

初恋

今やってる映画の中では一番いいんじゃないかな。

映画ならではの味わいがある

セリフ少なく、カット割りで訴えかける感じ。素晴らしい

宮崎あおいはそこまで見たことなかったけど、これみて結構いい演技すると思った。宮崎あおいって人間に高級感を感じさせないところがいい。きれいの中でも庶民的な顔立ちだから庶民に合う

この映画は悲劇の部分が多いのも食いつく理由の一つかもしれない。しかもガチンとくる

最近は悲劇と言えども中途半端なのが多かったから満足したね

汚点を出すとしたら撮り方かな。顔アップが多すぎてテレビの雰囲気がちょっと出ちゃったのが惜しいね。

ストーリーもまた人間のどん底に立たされた人間が自信を持つがその後いろいろなものが離れれていくという。自分好みの内容だ。

でもかなりいい!

マスク2

前作がいいだけに今回はそうでもない。

あまりにおかしな状況がありすぎる。

今回はマスクを着ける着けないにかかわらず赤ん坊が変身をする。それがなんかしっくりこない。

前の主のテーマは2重人格を見せるかのごとく表現してたから面白い。今回はその赤ん坊そのものがおかしな行動を起こすわけで、そこには前作の面白みの半分程度ぐらいしかないだろう

マンガ好きな人間というバックグランドは今回も同じなのもな~…。でもマンガっぽくなるにはそうなるか…。

ただモロアニメを扱ったシーンは安易に考えすぎてる気がするけど…。

マスク2〈特別編〉

サイト内検索
作品を入力してください
記事が気に入りましたらブログランキングへ
人気blogランキングへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク
オススメリンク集
ネットDVDレンタルショップリンク集

DVD、原作本、サウンドトラック販売リンク集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

映画評論 インデックス
作品探しにどうぞ!
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。