スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ月を見ている

久々にあんな映画見た

とにかくあの暴力と風景の爽やかさとがいい感じになってて

湿っぽくなくかなりドライな展開で

最後いいとこどりみたいなのがちょっと見えたのが残念だけど

あの劇中の絵がみんなに認められる絵だから成り立つのかもしれない

芸術だ!ってのが

でも自分としては、その場でわかるもの以外も芸術と見ていいんじゃないかって思う

一番いいのがあの最後のメチャクチャな絵

あれは評論家ぶったのが「いい」って言うからいい絵になって

ガキの絵だって言ったらみんな下手だってそう思うんだよね

だから下手なんてあんま言わないほうがいいかもしれない

あとで人の感性がなんていうかわかりゃしないんだから

だから美術の先生なんてあてになんない

自分なんかナポレオンの模写書いて「美術じゃない」って言われて(笑)

でも結局ピカソもあんなゲルニカみたいな絵を認められるようになったのは死んだあとなんだからね

芸術ってのは奥が深い…
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「同じ月を見ている」

「同じ月を見ている」公式サイト 「同じ月を見ている」公式ブログ 主演の窪塚洋介さんが多数ある作品の中から選び、映画化された作品なのだそうです・・・ 原作「同じ月を見ている」土田 世紀 (著) 正直事前情報も無く、出演者が誰なのかも殆ど知らないまま観に行ったの

コメントの投稿

非公開コメント

サイト内検索
作品を入力してください
記事が気に入りましたらブログランキングへ
人気blogランキングへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク
オススメリンク集
ネットDVDレンタルショップリンク集

DVD、原作本、サウンドトラック販売リンク集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

映画評論 インデックス
作品探しにどうぞ!
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。