スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ずの番

最終日にして見に行く

長く感じる…

下ネタ多すぎ…、『そそ』と『ちんちん』ですべてを構成しちゃってるからか途中で飽きる

あと浪曲っぽいリズムが自分には合わない

死人のカンカン踊りもま~ま~面白かったけど最初の病院で『そそ』と『そと』を間違えるとこでお腹いっぱいになった

年配の人には合うんだろう

おじさんおばさんの映画としては成功なんだろう
何度も見れば慣れるんだろうけど

今の自分は釣りバカのほうが10倍楽しめる

一番感銘受けたのはセットが少ないとこ

ほぼ師匠の家がメインでやってるからセットに金はかけてないんだろう

劇中の曲もあるものを使った感じ。でも版権とかでうるさいのかな…?

役者には金かかってるだろうけど

ストーリー的にはもっとドタバタした感じの飽きないもんだと思ってたけど、予想よりもはるかに下回ってる

あれは俺はついていけない…

志村魂

ジキルとハイド見て舞台もよかったからたまに舞台も見に行って書くことにします

志村魂見に行きましたよ!

池袋の東京芸術劇場へ

舞台は2部構成で、1部にバカ殿とコントをジャンジャンやって、2部で松竹新喜劇のような人情喜劇

まずダチョウ倶楽部が殿を探しだそうと手がかりを客に聞く感じで話かけて客との間を近くさせる

この3人の掛け合いを見た時点で感動する

テンポ、間、リズム、タイミングが3人合っているのがテレビで見たとき以上に強く感じる

するとお馴染みの登場パターンでバカ殿出てくる
爺は地井武男。ちなみにクワマンの送った花がロビーに飾ってありました

歳はなんぼじゃ?布団しけ。

尺八音でブチキレるなどのお馴染みギャグを連発

志村けんがやると何度見ても面白い

うれしいな~は感動

やった!生で見てやったぞ!という感じ

その後風呂あがるときの股間隠す用の看板でドタバタあって

この間テレビでやってたドリフの忍者ネタやったりして

それでコント集へ

コントとコントの間のメイク替えとかでかなり間が悪くなるんじゃないかと思いきや、登場するタイミング、音楽のノリとかでカバーしてた

ひとみ婆さん出てきてもう手が震える

待ってました!と言わんばかり

やることもほぼ昔の見てたからわかってんだけど笑っちゃう

すげーよあの人

変なおじさんないのかよ~とちょっと思ったけど

そして2部へ

まず志村けんが津軽三味線を引く

うますぎてもう会場は聴き入ってしまう

でもそこは志村けん。やってくれましたよ。最後

ケツ出しちゃってんの

それから人情喜劇『一姫二太郎三かぼちゃ』

志村けんのキャラがやっぱりとても無邪気な感じがよく合ってて入り込められる

初めて芝居とか見て涙が流れましたよ

自分は途中の部分で泣いたんだけど、よく周りはそっからすぐ笑えるな~と思ったよ

最後は泣かなかったけどね

それが終わってしんみりしてる中『志村魂、完』と出てちょっとブーイングを出したくなる

すると『おまけ』とかいって手錠掛けられてる上島竜兵と刑事の寺門ジモンが歩いている

ここもまたしんみりしてるからそのノリで見ている

すると上島の嫁役の及川奈央が『あなた、行かないで…』と遠くから追いかけて抱きつこうとした瞬間

その間のドアからピンク色の人物が及川奈央に抱きついた…

出た~変なおじさんだ~!

『なんだつみはってか?そうです。私が変なおじさんです』

やっぱこれじゃなきゃね

バカバカ笑った

行ってホント良かった。てかあともう一回行きたい

志村けんて普通に言ったらそんなに面白くなさそうなダジャレとか勘違いを言っても絶対誰もが笑えるっていうのに魔力を感じた。

ヤバい、志村魂

また舞台見に行こ

ナルニア国物語~ライオンと魔女

まぁまぁという感じかな

自分とまあギリギリ合うかなという感じ

とりあえずあの4人の子供達に感情移入できない

自分のことしか考えてない身勝手が自分にはダメ

人のことを考えろ!と言いたくなっちゃうから

そこはいただけない

一番の要なんだけどね

女の子二人がそこまできれいって子じゃない

素晴らしい

でも引き立たなかったから失敗かもね

ストーリーに疑問が残る

矢を引きなさいよ。ライオンが襲われて悲しむなら

ま、子供の本の話だからそれは全然しょうがないことだけど

ルーシーがリアクションでかすぎ

『私、やらされてます!』って顔だよありゃ

女王の目つきはすごい

冷酷すぎて雪とかなりマッチしてる

野原で歩いてるとこは多摩川の土手でもできるよ、あれ。

1年前から宣伝してるわりにはそうでもない

でもそれを除けば好きなとこと嫌いなとこが半々という感じでしょうか

でも感情移入できないはかなりの痛手

アメリカンパイ

酷い(笑)

こんなんで映画一本作っちゃうとある意味芸術品

動機はみんなやってるか?の集団バージョンみたいな感じで

もっと妄想と現実の間を描いてくれるともっとバカバカしくなると思った

部分的に綺麗に描いちゃダメね

もっとバカバカしく

そういうの扱うんだったら

そういう意味ではジムキャリーはミスターダマーの勝ちかもしれないね

最初のドタバタコントみたいのは面白い

現実にありそうでないことをしだすという

想像が形になって出てくるとホントゲラゲラ笑っちゃう

ま、見ればこの話全部わかりますよ。

アメリカン・パイ(DVD)

スペースジャム

マイケルジョーダン主演のアニメとの融合映画

なんだかね~

ルーニートゥーンはわりかし好きですね

もうキャラがハッキリしている

わかりやすい

落語の登場人物のような感じで

特に好きなのはワイリーコヨーテ

あれは無口でスラップスティックギャグを連発するとこが好き

脇キャラなのでほぼこの映画には出てこない

てか合わないんだろう

それよりかバックスバニーやらダーフィダックに話させた方が面白い

映画自体はなんだかな~っていう

世界観が違いすぎてついていけない

子供が見たら憧れんだろけど

最後のエンディングの曲は素晴らしい!

普段なら臭いとか言うんだけど

何度も聞きすぎてOKになってしまった

自分がハッキリ歌える曲の中の一つ

ルーニートゥーンバックインアクションと比べたら5倍ぐらい面白い

スペース・ジャム(DVD)
サイト内検索
作品を入力してください
記事が気に入りましたらブログランキングへ
人気blogランキングへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク
オススメリンク集
ネットDVDレンタルショップリンク集

DVD、原作本、サウンドトラック販売リンク集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

映画評論 インデックス
作品探しにどうぞ!
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。